不活性ガス消火設備の誤作動に注意!!

不活性ガス消火設備とは
 消火剤を放出し、空気の供給を遮断するか又は空気中の酸素濃度を低下させることにより、燃焼を停止させる窒息効果を利用して消火するもので、水等での消火が困難な場所に設置され、また、消火剤放射後の水損及び感電の危険性がないことが大きな利点となる設備です。
 しかし、消火方法の特性上、人体に影響があることから、取扱いには注意が必要です。

事故を防ぐために
・まずは、不活性ガス消火設備が設置されているか、設置されている場所がどこか確認しましょう。
・不活性ガス消火設備が設置されている付近で工事を行う場合は、誤作動や誤放出を防ぐため、不活性ガス消火設備を熟知した消防設備点検資格者等の立会いのもと行いましょう。
・作業前に不活性ガス消火設備の閉止弁を閉鎖し、誤操作等による消火剤の放出を防止したことを確認しましょう。
※閉止弁を閉鎖した際は、火災予防に十分に留意し、巡回体制をとるなど、安全対策を徹底し、作業後は、確実に復旧させ、事業所関係者及び作業者の双方で確認しましょう。

カテゴリ:予防課|予防課からのお知らせ|消防本部 投稿日:2021年4月30日

消防署所在地

峡北広域行政事務組合
消防本部

〒407-0024
山梨県韮崎市本町4丁目8-36
電話:0551-22-0119(代) FAX : 0551-22-8747
各消防署所在地は
こちらをクリック

消防 出動件数

先月(9月)出動件数

火災出動

4件(本年計67件)

救急出動

347件(本年計2969件)

救助出動

6 件(本年計46件)

PAGE TOP